タニクリBLOG

2016年11月21日 月曜日

不眠やパニック障害でお困りのかたに

人間ドックや健康診断で「異常なし」にもかかわらず、体調が思わしくない。

それは現代医療に「栄養療法的な視点が欠落しているから」と言えます。




社会生活を通じて、私たちは達成感や充実感を経験し、プレッシャーやうまくいかない人間関係から

ストレスを感じておられる方も多いと思います。
150415092468_TP_V.jpg

学生さんも受験のプレッシャーや親との関係、友人との関係から悩み

夜なかなか寝つけれず、授業中うとうとしてしまった経験があると思います。

パニック障害では、突然、動悸や息切れ、不安を伴うパニック発作が生じます。

そしてパニック発作が繰り返すうちに、発作に襲われることに対する不安や発作が生じる状況に対する恐怖を感じるようになり、

毎日の仕事に支障をきたすようになってしまいます。
MAX85_yacchimatta14095526-thumb-autox1600-14704.jpg


実は、 自律神経失調症・不安神経症・めまい・肩凝り・頭痛・動悸・寝つきの悪さは、

栄養状態と密接な関わりを持っており

この分野で既に大きな実績をあげています。



栄養療法の流れは

①Drとのカウンセリング
②採血(結果がでるまでに1週間ほどかかります)
③血液検査をもとに、ドクターの解析・カウンセリング
④栄養カウンセラーによるアドバイス

となります。


価格は、
期間限定の秋のキャンペーンにつき
¥21,600-→¥9,800-です

ご興味のある方は、是非お問い合わせください。


一人でも多くのお客様、患者様にご予約頂けるよう
ご予約は当院HP仮予約フォームをご利用下さい。
また、お急ぎの方は、お電話にて承ります。
06-6776-8966です。
ご予約をお待ちしております!

月・木曜は定休日
土・日曜は19時まで営業しております。


929ad9f25c28a7048cd9df6d4a37a12a_s.jpg

投稿者 たにまちクリニック

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31