二重まぶた

二重まぶた

二重まぶた新しい化粧品を買って使ってみたとき、新しいお化粧の方法を勉強して実践してみたとき、目元の印象が大きく変わったご経験はありませんか?
私たちは人と話すとき、ほとんど無意識に相手と目を合わせています。目元の変化は、顔の各部位の中でも特に大きな印象を相手に与えます。顔全体の雰囲気が、大きく変わります。
「ぱっちり二重まぶたにしたい」「目の周りの脂肪が気になる」「目の幅を広げて目を大きく見せたい」「他院での施術をやり直し、今度こそ自分にぴったりの二重まぶたにしたい」「二重にしたいけど、メスを使うのはなんだか怖い」――患者様は、それぞれ違ったご希望をお持ちです。目が大きくなればそれだけでいい!という方はいませんし、それでは顔全体のバランスを無視することになります。
当院では、メスを使用しない「二重まぶた埋没法」、小さな切開で行う「小切開法」、目の幅を広げる「目頭切開法」を始めとする、多種多様の施術方法をご提案しております。
目元に自信がなかったり、いくらお化粧を工夫しても納得いかない…。それらのお悩みは、患者様が想像されているよりご負担なく解決できる可能性があります。長年お悩みになっていた方は、ぜひ一度当院にご相談いただければと思います。

※また、過去に他院で受けた施術でうまくいかなかった、一重に戻ってしまった、という方もご相談ください。当院を、最後のクリニックにしませんか?

二重まぶた「埋没法」

二重まぶた「埋没法」メスを使わずに、短時間で美しい二重まぶたを実現する。それが「二重まぶた埋没法」です。プチ整形と呼ばれる施術方法の1つです。
自然な二重まぶたが実現することで、目が大きく見え、また相対的に鼻筋も高くなったような印象を相手に与えます。

埋没法の特徴
  • 施術は15分以内で終わります。
  • 切開なしの施術です。
  • ご希望の二重まぶたの実現のため、事前に入念なカウンセリングを行います。ご希望・お悩みはお気軽にお申し出ください。

※当院での本格的な手術をされる前のシミュレーションとして、埋没法を試される方もいらっしゃいます。お気軽にお問合せください。

こんな方にお勧めします。
  • メスを使った手術なしで二重まぶたにしたい方。
  • 負担を抑えて二重まぶたにしてみたい方。
  • 小切開法を考えているが、不安がある方。
施術時間について

15分以内

傷跡について

切開はせずに、細い糸を通すだけですので、傷跡は残りません。

腫れ、痛みについて

麻酔の際、チクッとする痛みがあるのみです。麻酔によるむくみ、内出血が数日続く場合があります。※個人差があります。

二重まぶた「埋没法」の症例

二重まぶた「小切開法」

二重まぶた「小切開法」上眼瞼を一部切開することで、一重に戻りにくい美しい二重まぶたを実現できる、それが「小切開法」です。

小切開法の特徴
  • 切開を伴うため、ダウンタイム(切開による腫れが治まるまでの期間)があります。
  • 埋没法の場合、稀に一重まぶたに戻ってしまうケースがあります。小切開法の場合、そのリスクは極めて低くなります。
  • 事前のカウンセリングにより、瞼の状態を拝見し、切開の範囲、部位を決め、分かりやすく説明させていただきます。
こんな方にお勧めします。
  • 中高年の方。
  • 埋没法では元に戻りやすい方。
  • 上瞼の脂肪が厚い方。(ご自身では分からないと思いますので、一度ご相談ください)
施術時間について

約40分

傷跡について

二重のラインに隠れるように切開しますので、目立ちません。

腫れ、痛みについて

麻酔の際、チクッとする痛みがあるのみです。施術後、一週間程度、腫れが続く場合があります。※個人差があります。

二重まぶた「小切開法」の症例

※上記症例は小切開法+目頭切開に施術例となります。

「目頭切開法」

「目頭切開法」「目の横幅が狭い」「目と目が離れている」「蒙古ヒダが張っている」といったお悩みがある方にお勧めなのが、目頭を切開することでバランスのとれた美しい目元を実現できる「目頭切開法」です。患者様のお顔のバランスに合わせて、数ミリ程度、安全に切開します。
「蒙古ヒダ」をご存じでしょうか? 蒙古ヒダは、目頭を覆う上瞼の一部のことで、これは日本人に多く見られる特徴です。私たち日本人は、「目の横幅が小さい」「目と目が離れている」といった悩みを抱えやすい人種とも言えます。
蒙古ヒダに対し目頭切開法を行うことで、目と目の間の距離が狭まり、また目そのものが大きく見えますので、患者様のご希望のバランスに近づけることができます。また、現在一重まぶたの方は、目頭切開法と併せて二重まぶたにする(埋没法、小切開法)ことで、よりぱっちりとした印象の目元を実現できます。

目頭切開法の特徴
  • 目と目の間を狭めながら、切れ長で大きな目にすることができます。
  • 事前のカウンセリングでご希望をお伺いし、またこちらかも分かりやすく説明させていただきます。
こんな方にお勧めします。
  • 目と目が離れているとお悩みの方。
  • 目を大きく見せたい方。
施術時間について

約40分

傷跡について

赤みが生じることもありますが、2か月程度でなくなります。

腫れ、痛みについて

麻酔時のチクッとした痛みのみです。施術後、一週間程度腫れる場合があります。※個人差があります。

二重まぶた「小切開法」の症例

※上記症例は小切開法+目頭切開に施術例となります。

上瞼のたるみ・下瞼のたるみ取り

目元が腫れぼったく見える原因として、

  • もともとの目元の脂肪が多い。
  • 加齢による皮膚のたるみによるもの。

などが挙げられます。
目元のたるみは、老けた印象、またたるみによって生じる影のために暗く疲れた印象を相手に与えがちです。
たるみの原因となる脂肪を除去することで、元気で美しい目元、そして若々しいお顔の印象を取り戻すことができます。

上瞼のたるみ

垂れた上瞼を、二重のラインに沿って切開し、余分な脂肪や皮膚を切除します。
・きれいな二重まぶたに仕上がります。
・傷跡は二重のラインに隠れるので、目立ちません。

下瞼のたるみ

下瞼のまつ毛の生え際付近を切開し、余分な脂肪や皮膚を切除します。

  • たるみだけでなく、シワ、クマを除去することができ、より若々しい印象を実現します。
こんな方にお勧めします。
  • 瞼のたるみ、シワ、クマが気になる方。
  • 若々しい印象を取り戻したい方。
施術時間について

約60分

傷跡について

1~2週間程度で目立たなくなります。

腫れ、痛みについて

麻酔の際の、チクッとした痛みのみです。施術後は、1週間程度、腫れ、内出血が続くことがあります。※個人差があります。

上瞼のたるみ取りの症例

眼瞼下垂

「眼瞼下垂」とは、瞼を持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)が衰えることで瞼が下がり、目が開けにくくなった状態です。
当院では、目瞼下垂の方に、手術によって筋膜を適切な位置に再付着させ、目が大きくぱっちりと開くように改善させることができます。

原因

眼瞼下垂の原因として、瞼を持ち上げる筋肉が加齢によって弱体化することが挙げられる他、コンタクトレンズなどの刺激によって、若い方でもその症状が現れることがあります。
また、必ずしも両目に症状が現れるというわけではなく、片目のみ目瞼下垂になることもあります。
※先天性の目瞼下垂の場合、保険適用されることがあります。受診の際には念のため、健康保険証をお持ちください。

治療

基本的に、手術による改善を目指します。上瞼のたるみ除去と同様、二重まぶたのラインに合わせて切開し、余分な脂肪や皮膚を切除、もしくは引き上げを行います。傷痕はほとんど目立ちません。

こんな方にお勧めします。
  • 目が開きにくいと感じる方。
  • 上瞼がたるんできたと感じる方。
  • 前は二重まぶただったのに、一重まぶたになった方。
施術時間

約60分

傷跡について

1~2週間程度で、ほとんど目立たなくなります。

腫れ、痛みについて

麻酔の際のチクッとした痛みのみです。施術後は、1週間程度、腫れ・内出血が続くことがあります。※個人差があります。

鈴木院長よりひとこと

形成外科における高い技術、美容外科医としての経験に則したセンスが要求させるのが「目元」の治療です。二重まぶたにすることで美しい表情を手に入れられれば、心は晴れ晴れとし、日頃の一つ一つの行いにも好影響を与えます。生活が変われば、人生が変わります。これこそが私たちの本意であり、目的であります。

二重まぶた・目もとの治療の料金表

治療メニュー 施術名 内容 価格
二重まぶた 二重まぶた埋没法 両目(2点留め) 65,000円
片目(2点留め) 44,000円
両目(4点留め) 108,000円
片目(4点留め) 64,800円
埋没法+脱脂 両目 129,600円
片目 75,600円
小切開法 両目 140,400円
片目 86,400円
小切開法+脱脂 両目 162,000円
片目 97,200円
全切開法 両目 173,000円
片目 108,000円
全切開法+脱脂 両目 220,000円
片目 140,000円
目頭切開法 110,000円
上眼瞼脱脂のみ 130,000円
上眼瞼たるみ取り(脱脂) 270,000円
上眼瞼たるみ取り
(眉毛下切開)
270,000円
下眼瞼脱脂のみ 165,000円
下眼瞼たるみ取り(脱脂) 325,000円
眼瞼下垂 健康保険適用

表記額は全て税込

  • tel.06-6776-8966
  • 24時間仮予約受付
  • メールでのご相談