ホーム > 美容整形・プチ整形 > Qスイッチヤグレーザー

Qスイッチヤグレーザー

肝斑(かんぱん)治療

Qスイッチヤグレーザーは、お肌に照射することでシミ・アザ・肝斑(かんぱん)などの色素だけに反応し、正常な皮膚を傷つける事なく除去する事ができるレーザー治療法です。小さなものから広範囲の物まで概ね目立たなくする事が可能になりました。

症例

治療方法:レーザートーニング(QスイッチYAGレーザー「MedLite C6」)
照射回数:5回
治療について:両頬周りの至る所にお化粧では隠しきれない程できてしまった肝斑(かんぱん)に対して、レーザートーニングを照射しました。照射を重ねることで肝斑は徐々に薄れ、同時にシミや肌質改善の効果が見られ、お肌にハリとツヤが戻っています

症例

治療方法:レーザートーニング(QスイッチYAGレーザー「MedLite C6」)
照射回数:6回
治療について:目の周りから頬にかけてできてしまった薄茶色の肝斑(かんぱん)に対して、レーザートーニングを照射しました。照射を重ねることで、ほとんど目立たないくらいに改善しました

Qスイッチヤグレーザーのしくみ

お肌にレーザーを照射することで、シミ・アザ・肝斑(かんぱん)等などの色素だけに反応し、その部分にだけダメージを与えます。照射後、一時的 に若干患部の色が濃くなることもありますが、次第に薄くなりかさぶたになってはがれ落ち、新しい皮膚ができあがります。アザやシミの種類によっては、Qスイッチヤグレーザーでは対応できないものもありますので、カウンセリングにご来院下さい。
また、レーザーを照射した部分は大変デリケートですので、刺激を与えたりしないでください。また紫外線の悪影響を大変受けやすい状態でもありますので、日光を避け日焼け止め対策をしっかりと忘れず行なってください。

肝斑(かんぱん)の新しい治療法「レーザートーニング」

レーザートーニングとはQスイッチYAGレーザー「MedLite C6」による肝斑(かんぱん)の新しい治療法です。
これまで肝斑(かんぱん)にレーザー治療は禁忌とされてきましたが、その肝斑(かんぱん)への画期的な治療法として「レーザートーニング」は非常に注目されています。肝斑(かんぱん)のほかにも様々な肌症状にも効果を発揮し、治療後は肌がツルツルになると多くの方が実感しています。

肝斑(かんぱん)とは

一般的に30~40代のアジア人の女性に多くみられるシミの一種で、両頬に同じようにできるのが特徴です。原因ははっきりとしていませんが、女性ホルモンのバランスが関係していると言われています。肝斑(かんぱん)はほかのシミと混在している場合が多く、見分けるのが難しいので、ただのシミだと思い込んでしまうこともあります。
肝斑(かんぱん)の治療には内服や外用、イオン導入など長期にわたって継続する必要があり、難治性の肝斑(かんぱん)の場合にはそれでも色素が 残ってしまうことがありました。次のステップの有効な治療法もなく、「肝斑(かんぱん)だから」と、あきらめているかたも多いのではないでしょうか。そのようなかたにご提案したいのが「レーザートーニング」による肝斑(かんぱん)治療です。

レーザートーニング

レーザーで肝斑(かんぱん)治療を可能にする理由

均一な照射

レーザートーニングを行う際に最も大切なのは、レーザーが照射される形なのです。通常、レーザーを照射した際にレーザービームの真ん中のエネルギーが一番高くなり、端にいけばいくほど弱くなります(ガウシアン型)。しかし、力が弱すぎる端っこ部分では効果があまりみられず、強すぎる中心付近では炎症が起きてしまい、肝斑(かんぱん)が悪化する場合があるため、従来までのレーザー機器では肝斑(かんぱん)治療に適していませんでした。
今回導入したこのQスイッチYAGレーザーなら、レーザーがフラットに照射され(トップハット型)、均一にエネルギーを届けることが可能なので、効果的で確実なレーザートーニングによる肝斑(かんぱん)治療が可能になったのです。

均一な照射
弱いパワーでの照射

肝斑(かんぱん)は、ホルモンバランスの崩れなどの原因によって、常に炎症が続き、その結果メラニンを次々と作り出す「炎症性の色素沈着」を起こしている状態と言われています。炎症を起こさない程度の弱いパワーでレーザーを照射し、肌の中に滞留しているシミの原因であるメラニンを少しずつ壊していくことで、安全で確実に肝斑(かんぱん)を治療します。

弱いパワーでの照射
こんな症状に効果的
  • あざ
    茶~黒色の色素性皮膚疾患・あざの治療が可能です。従来の治療法と異なり、正常な組織を傷つけずに治療できますので、あざの色素のみが消失するという、画期的な治療法です。(※効果には個人差があります。)
  • しみ

    しみの元になるメラニン細胞にだけ反応し、選択的に色素だけを破壊出来る治療法となります。正常な組織を傷つける事なく、治療する事が出来ます。医療用のレーザーは安全な人工光線で人体に対する副作用の心配はありませんので、年齢に関わらず安心して治療を受ける事が可能です。(※効果には個人差があります。)

こんな症状にシミ・アザ・肝斑(かんぱん)・肌質向上効果
施術時間10分~ 施術範囲によります
傷跡についてレーザーを照射するだけですので、傷跡は一切残りません
腫れ・痛み照射時にゴム等で弾かれたような痛みがあります

肝斑かんぱん治療の料金表

治療メニュー内容詳細価格
肝斑
(かんぱん)
治療
肝斑(フルフェイス)初回21,600円→10,100円
※期間限定のキャンペーン価格
通常32,400円
2回目以降の4回セット86,400円
6回目以降21,600円
肝斑治療用サプリメント3種
(ビタミンC・ビタミンE・トラネキサム酸)
1ヶ月分20,600円
アザ片頬一部保険適用可
両頬一部保険適用可
シミ1cm2(平方センチ)10,800円
1~4cm2(平方センチ)21,600円
4cm2(平方センチ)以上のサイズ32,400円

表記額は全て税込

鈴木院長よりひとこと

肝斑やシミやアザの種類、範囲、深さなどによって、数回にわたってレーザーを照射していきます。正常な皮膚を傷つける事なく除去する事ができる優れたレーザーですので、安心してご利用頂けます。詳しくはカウンセリングにて医師にご相談下さい。