ホーム > 栄養・サプリメント療法 > アトピー性皮膚炎・アレルギー

アトピー性皮膚炎・アレルギー

栄養障害・栄養欠損を見直すことが、
アトピー性皮膚炎やアレルギーを改善する道です

アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含んだ多病因性の疾患で、一般的なアトピー性皮膚炎の治療法はステロイド剤の外用がほとんどです。しかし塗薬等の対応だけでは、アトピー性皮膚炎を改善できないケースが多いのが現状です。

アトピー性皮膚炎の治療には分子栄養学に基づいた「栄養療法」が注目されています。現在、様々の疾患の原因が栄養障害・栄養欠損が関係している事がわかってきました。栄養障害と言ってもいわゆる栄養失調の状態ではなく、ビタミンやミネラルと言った微量栄養素の減少や欠乏による、栄養状態のバランスの乱れが病気の原因になります。このような栄養状態のバランスを整えることで、多くの症状の改善を得ることができると同時に、薬を減らしたり、薬を飲まなくても良い状態にすることも可能です。

当院で栄養療法をされた上記の患者様の症例のように、すばらしい改善が得られるケースが多くあります。アトピー性皮膚炎を改善できないでお悩みの方は、ぜひ一度お試しいただければと思います。

アトピー性皮膚炎の治療の進め方

1. 初診・カウンセリング
初診・カウンセリング

栄養療法によるアトピー性皮膚炎治療を開始する前のカウンセリングを重視しています。この治療法を良く理解していただき、治療のためにはご自分に努力と忍耐が必要であることなどを何回も説明します。
その結果、この治療法を自分の症状の治療のために採用するかどうかを選択してもらいます。

2. 詳細な血液検査し、分子栄養学的にデータを分析
詳細な血液検査し、分子栄養学的にデータを分析

栄養療法によるアトピー性皮膚炎の治療はまず、患者さまの身体に起こっている「小さな変化」を、通常行われている血液検査の2~3倍の項目(約60~80項目)で詳細に測定して、症状や病気の原因を探ります。
通常の医療機関で「問題なし」と診断された同じ検査結果でも、この詳細な血液検査結果を元に分子栄養学的にデータを分析することで、様々な不調の原因を発見することが可能になります。(検査結果が出るまで、一週間程要します。)

3. 栄養解析レポートで、原因・治療法を明確化
栄養解析レポートで、原因・治療法を明確化

血液検査データの詳しい解説を行います。分子栄養学的にデータを分析することで、様々な身体の不調の原因を発見する事が可能です。アトピー性皮膚炎は一般の方のデータと比較して、多くの栄養素の欠乏の所見が出てきます。
それらをしっかりと補うことでアトピー性皮膚炎の患者さまの皮膚の再生を、強力に促していくことが治療なのです。

4. 栄養療法の開始
栄養療法の開始

使用するサプリメントはGMP基準に適合した素材から製造された、高純度・高品質なドクターユーズのものです。栄養療法をアトピー性皮膚炎の治療に取り入れるためには、幾つかの条件が必要です。食事の制限や日常生活における運動の取り入れ、また想像以上にサプリメントの量が多く必要なのです。
このように、1回2~3カプセル程度で済む投薬による治療とは根本的に異なる方法です。
そのためには、どうしても治療をうける本人が、この治療を理解して上記の日常生活での制限やサプリメントの量などを納得していただかなくてはなりません。

5. 3~6ヶ月毎に定期的な検査・分析

皮膚症状の改善は血液検査データの改善と平行して現れます。医師が一人ひとりの症状に適したフォローアップを丁寧に行います。栄養療法は3~6ヶ月毎に定期的な検査を行います。血液データの変化から科学的にサプリメントの効果を確かめます。アトピー性皮膚炎の症状は増悪と緩解を繰り返すため、改善には患者さまも気力を継続して頂くことが大切になります。

当院の患者様の、アトピー性皮膚炎の改善例と症例をご紹介

この患者様は生後2ヶ月頃よりアトピー性皮膚炎を発症し、同じくお母様にもアトピー性皮膚炎が認められました。しかし栄養療法によって母子ともにすばらしい改善が得られた症例です。

生後3ヶ月 女児 アトピー性皮膚炎

生後3ヶ月 女児 アトピー性皮膚炎

お子様の皮膚症状が悪化したため、皮膚科を受診した際ステロイドの外用剤処方と母乳栄養中のお母様に対し肉や卵の摂取を制限するよう指導されました。お母様はステロイド剤ではなく保湿剤のみを使用し、皮膚科医の指示通り制限食を摂取されていました。しかしお子様の皮膚症状はまったく改善せず、制限食を摂取されていたお母様も体調を崩され、ご自身のアトピー症状までも増悪してしまいました。お母様はどうしてよいのか分からず相当悩んでおられたのでしょう、当院に来られたときは肉体的にも精神的にも追い詰められ、本当にかわいそうな状態でした。

私はまず食事制限を中止し、蛋白質中心の食生活を心がけるよう指導しました。またステロイドを使用せず当院オリジナルの保湿クリームを使用すること、そしてお母様に栄養療法をしていただき母乳を通してお子様に栄養を与えるという方法を勧めました。お母様の採血の結果は予想通り大変ひどい栄養状態(もちろん臓器は異常ありません)でした。

検査データの解析による適切なサプリメントを服用していただき、3ヶ月後2回目の採血のため来院された時には、母子ともにすばらしい改善がみられました。特に生後6ヶ月になっていたお子様の肌は、見違えるようにきれいになっていました。そこでお母様は同じようにお子様のアトピーで悩んでおられる方のためになればと、ご自身とお子様の写真を公開することに承諾をしていただけたのです。

症例 症例 症例 症例

アトピー性皮膚炎・アレルギー治療の料金表

治療メニュー内容価格
※サプリメントは症状や目的によりオーダーメイドしますので、価格は一定ではありません。
※2回目以降のドクターカウンセリング(解析結果に基づく栄養指導など)は3,300円がかかります。お電話でのカウンセリングも可能です。
栄養療法・サプリメント療法血液検査+解析+レポート含む
21,600円→17,300円
※期間限定のキャンペーン価格
サプリメント代別途(検査結果により異なる)

表記額は全て税込

鈴木院長よりひとこと

アトピー性皮膚炎は、ステロイド剤の外用・食事の摂取の制限だけでは限界があり、多くの方が悩んでおられる深刻な症状です。アトピー制皮膚炎に限らず、多くの症状は栄養障害・栄養欠損が密接に関係し、これを補うことが最も効果的な治療法と言えます。

しんそう療法でさらに相乗効果