不妊の各種療法

不妊の各種療法

不妊の各種療法

社会の環境が目紛しく変化するなかで、女性の社会進出も進んでいることなど男女共に、晩婚化の傾向にあります。それに伴い、出産の高齢化と比例して不妊症が増えています。また、不妊の原因は女性にあると考えられる風潮にありましたが、実際には男性も同じ割合で不妊の要因になっているのが現状です。不妊治療を続けている方の中には、ハッキリとした原因がわからないケースも多くあります。

当院では、妊娠を希望されている方の年齢や条件などに合わせた各種療法をおすすめしております。誰にもご相談出来ずに悩み続けている方もお気軽にご相談下さい。


足りない栄養素を血液検査から見つけ出す、医師が処方するサプリメント
栄養療法
不妊症の背景には、潜在的な栄養不足があります。たにまちクリニックでは、約60項目に及ぶ血液検査を行い、どういう栄養素がどの程度不足しているかを詳細にチェックします。ホルモン剤や薬剤などは一切使用せず、天然のサプリメントを使用し、妊娠しても耐えうる身体の状態へと変化させます。詳しくはコチラ
   
短期間の治療で体のゆがみ、姿勢を正常な状態に整えることが可能
しんそう療方
体の変形・ゆがみ・姿勢を本来の形に戻し体の不調となる原因を根本から改善し、人間がもつ自然治癒力を最大限に引き出し、あきらめていた体の様々な症状を改善していきます。体の状態を確認しながら不調の原因を改善していく施術なので、痛みをともなわないソフトな治療法です。詳しくはコチラ

当院患者様の不妊の改善例のご紹介

この患者様は当院の栄養療法ですばらしい体質改善が得られ妊娠された症例です。現在も栄養療法は継続され健康に毎日を過ごされています。


30代 看護師

私は30歳の時、妊娠の準備に…と婦人科を幾つか受診し、そのいずれもで多嚢胞性卵胞症候群の診断を受けました。生理不順ではあったものの、まさか不妊症とは夢にも思わず本当にショックを受けました。

『治療しても子供を授かるのは難しいレベルですが、まず一週間毎日ホルモン注射を打つので子供が欲しくなったらまた来て下さい』と言われましたが、不妊治療に気後れして行かないまま半年が過ぎました。

それとは別に、普段から寝付き寝起きが非常に悪く、いつも疲れているような倦怠感、立ちくらみ、10代から続くニキビ、便秘に悩まされていた私は、たにまちクリニックさんの栄養療法を始めていました。

いろんな体の不調は全て栄養欠損ゆえだったのか!と驚きながら体調不良とは無縁の日々を送っていたある日、吐き気で目が覚め妊娠が発覚しました。

子供が出来ない体のはずなので妊娠は微塵も疑わず、胃カメラを飲もうと思っていたくらいで本当にビックリしました。栄養療法を始めてから一年が経っていました。

妊娠中もサプリのお陰で絶好調!
もちろん貧血も一度もひっかからず、予定日に3時間で産まれるというスーパー安産でした。

ビタミンベビーで生まれた息子は現在六ヶ月ですが、とにかく情緒が安定していて風邪ひとつ肌荒れひとつなく(もちろん私も)健康優良児そのものです。授乳中の今もサプリは欠かせません。飲み忘れると息子を抱いて湯船から上がる時フラつきます。(こういう経験のある授乳婦さん多いんじゃないでしょうか)
決して大袈裟でなく、栄養療法に出会っていなかったら…と思うと怖いです。

卵子を完成させられない病気…障害のある子が産まれる可能性も考えていましたが、サプリを飲むことで健康な子が産めるはず!という自信になりました。

何よりホルモン値が反転していたのにホルモンによる不妊治療はせず栄養療法だけで自然妊娠したのです。まず自分の体に赤ちゃんを育てる準備が出来ていないと授からないんだということを実感しました。

鈴木先生には本当に感謝しています。ありがとうございました。

鈴木院長よりひとこと

不妊治療をされているにもかかわらず、なかなか赤ちゃんを授かる事ができず悩んでいらっしゃる方も頑張りすぎずお気軽に当院にご相談下さい。
当院では最新の検査で、多くの症状の改善の実績を上げています。