Qスイッチヤグレーザー

波長を変えて、1人1人のお悩みの原因にピンポイント。「Qスイッチヤグレーザー」

波長を変えて、1人1人のお悩みの原因にピンポイント。「Qスイッチヤグレーザー」2種類の波長で照射ができる「Qスイッチヤグレーザー」は、肝斑(かんぱん)、シミ、ほくろ、そばかす、アザの改善から、タトゥー・入れ墨の除去まで、幅広い使い方のできるレーザー照射装置です。
傷跡が残ることのない、安心・安全の治療です。

Qスイッチヤグレーザーのしくみ

「十億分の数秒」という、もはや一瞬とも言えない短い間隔で振動を発し、シミ、そばかす、アザの改善からタトゥー・入れ墨の除去まで、幅広い使い方のできるレーザー装置です。
治療箇所周辺の健康なお肌へのダメージを最小限に抑え、出血や傷ができることはありません。施術後、多少赤みが残ることもありますが、しばらくするとかさぶたになって自然に剥がれ落ちます。(症状によって異なります)
施術の際、肌をゴムで弾く程度の痛みはありますが、基本的に塗るタイプの麻酔薬さえ不要の、安心・安全なレーザー治療です。
それでも痛みが不安だという方は、塗り薬タイプの麻酔を塗布しますのでご安心ください。

肌トラブルに幅広く対応

波長を変えることができるQスイッチヤグレーザーは、さまざまな肌トラブルの治療が可能です。

シミ、そばかす、アザ、蒙古斑

これまで一般的に採用されてきたシミ治療やケミカルピーリングは、肌の表皮(肌のごく浅い層)への効果に限られたものが多かったのですが、Qスイッチヤグレーザーなら、真皮(肌の深い層)にできたシミにも効果が行き届きます。軽度のシミであれば、多くの場合、1度の治療で改善が見られます。(個人差があります)
深いシミ、あざなどには、2回以上の治療で改善効果を実感いただけます。

肝斑(かんぱん)

紫外線やホルモンバランスの乱れを原因として発生する「肝斑」には、これまでレーザー治療はタブーとされており、時に悪化することさえありました。
Qスイッチヤグレーザーは、波長を調節することができますので、肌への熱ダメージは最小限に抑えられます。肝斑の治療にも安心して使える、画期的なレーザーなのです。

毛穴の開き、黒ずみ、ニキビ

毛穴にカーボンを塗布し、その上でレーザーを照射する「レーザーピーリング」により、毛穴の開き、黒ずみ、ニキビを改善します。
毛穴に詰まった皮脂、老廃物、古い角質を取り除き、毛穴引き締めの効果があります。それらの効果は、ニキビの治療・予防にも大いに役立ちます。

「Qスイッチ」って何?

Qスイッチとは、レーザーを照射する際の照射持続期間を調整し、エネルギーを集中させることで、シミ、アザなどの原因であるメラニン色素を、適切なエネルギー量のレーザーを照射する方法のことを指します。
適切なエネルギー量で照射することで、皮膚へのダメージを最小限に抑えながら、シミ、あざを効果的に改善することが可能になりました。

当院の「Qスイッチヤグレーザー」の特徴

肌トラブルに幅広く対応

  • シミ、そばかす、アザ、タトゥー・入れ墨・アートメイクの除去など、幅広い治療に効果があります。
  • 従来のレーザー機器では治療が難しかった肝斑(かんぱん)の治療も可能になりました。
  • 高出力・低パルス幅の照射法で、皮膚ダメージを抑えながら、最大の効果が得られます。
  • ムラなく、均一な照射が可能です。
  • 痛みもほとんどなく、治療は短時間で終了します。
  • メラニン色素をもつ細胞だけに反応するため、周辺の健康な組織を傷つけません。
  • シミ、ほくろ、入れ墨などの色素だけを除去するので、傷跡が残るリスクがほとんどありません。
  • レーザーピーリングにより、毛穴の開き、黒ずみ、ニキビの改善にも効果があります。
  • ピーリング効果で、肌にハリが戻ります。

レーザーの種類と各特徴

1983年、アメリカのRox Anderson博士によって発表されたレーザー理論(選択的光熱融解)を基にしたアレキサンドライトレーザーがレーザー治療のそもそもの始まりで、以降急速に発展し、現在では多種多様のレーザー機器が存在します。
レーザーによって波長が異なり、波長の長短によってレーザーが届く深さが変わります。波長を使い分けることで、肌のさまざまなトラブルに対して、もっとも適切な治療が可能となるのです。
Qスイッチヤグレーザーは複数の波長を持っていますが、現在でも一般的な装置は単一の波長しか持っていないのが普通です。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、「アレキサンドライト」という宝石を使った波長(755nm)を持つレーザーです。肌へのダメージも少なく、私たち日本人の肌に合っていると言われています。シミ、あざの治療の他、脱毛にも使われています。

ルビーレーザー

ルビーレーザーは、単一の波長(694nm)を持つレーザーで、皮膚内のメラニンが多い日本人(黄色人種)が使用すると火傷の危険があります。シミ、あざの治療に適しています。

Qスイッチヤグレーザー

当院で導入しているQスイッチヤグレーザーは、2種類の波長(532nmと1064nm)を持ち、シミ、そばかすなどの浅い層から深い層まで、幅広く治療することが可能です。
10億分の数秒台という短い間隔で振動を発し、深い層の色素のみをピンポイントで除去できるため、太田母斑、入れ墨などの治療でも高い効果が得られることが特徴です。

ダウンタイムについて

施術後、気になることがあるときは、すぐに当院へご連絡ください。

入浴

当日はお控えください。
翌日から、患部を水から保護しながらの入浴・洗髪が可能です。ただし、強く擦らないようにご注意ください。

医師の指示に従い、処方薬を、所定の期間塗布してください。
稀に、色素沈着が起こることがあります。ハイドロキノン、ビタミンC美容液を併用することで、予防効果が期待できます。

日常生活

患部を直射日光に当てることは、できるだけ避けてください。
日焼け止めによる紫外線対策をお願いいたします。

食事、運動

普段通りで問題ありませんが、運動の際は紫外線対策をお願いいたします。

生活

患部を直射日光にあてないよう注意し、日焼け止めを常用してください。

術後の赤み

施術後、患部に多少の赤みが残ります。次第にかさぶたとなり、1~2週間すると自然と剥がれ落ちます。その間、手で触れないようご注意ください。

Qスイッチヤグレーザーの症例

治療方法:レーザートーニング(QスイッチYAGレーザー「MedLite C6」)
照射回数:5回
治療について:両頬周りの至る所にお化粧では隠しきれない程できてしまった肝斑(かんぱん)に対して、レーザートーニングを照射しました。照射を重ねることで肝斑は徐々に薄れ、同時にシミや肌質改善の効果が見られ、お肌にハリとツヤが戻っています。

治療方法:レーザートーニング(QスイッチYAGレーザー「MedLite C6」)
照射回数:6回
治療について:目の周りから頬にかけてできてしまった薄茶色の肝斑(かんぱん)に対して、レーザートーニングを照射しました。照射を重ねることで、ほとんど目立たないくらいに改善しました。

肝斑治療の料金表

治療メニュー 内容 詳細 価格
肝斑(かんぱん)・アザ・シミ治療
肝斑(フルフェイス) 初回

21,600円→10,000円
※期間限定のキャンペーン価格

 

通常 32,400円
2回目以降の4回セット 86,400円
6回目以降 21,600円
肝斑治療用サプリメント3種
(ビタミンC・ビタミンE・トラネキサム酸)
1ヶ月分 20,600円
アザ 片頬 一部保険適用可
両頬 一部保険適用可
1cm2以下(平方センチ) 10,800円
シミ 1cm2(平方センチ) 10,800円
1~4cm2(平方センチ) 21,600円
4cm2(平方センチ)以上のサイズ 32,400円

表記額は全て税込

  • tel.06-6776-8966
  • 24時間仮予約受付
  • メールでのご相談