傷跡・顔面外傷・リストカット

健康保険が適用される、各種形成外科領域の治療

健康保険が適用される、各種形成外科領域の治療たにまちクリニックでは、形成外科領域において、先天的な疾患、さまざまな要因によって生じた身体の変形・欠損などを再建・修復することで、患者様の心身の健康向上を医院をあげて目指しております。
形成外科領域の治療対象は、体表面の外傷、先天奇形、腫瘍、腫瘍を切除後の外見と機能の再建です。

身近な形成外科対象疾患

身近な形成外科対象疾患

  • ホクロ・いぼの除去
    高周波で、瞬時に、痛みなくホクロ・いぼを除去することができます。1か所につき、10分程度の施術時間です。
  • アザの除去
  • ワキガ
    ワキガの治療には、切開法と呼ばれる手術を行います。ワキの皮膚を裏返し、アポクリン腺を除去し、気になる匂いや、衣服に付着する黄ばみを予防します。
  • 陥没乳頭
    陥没したまま戻らない乳頭を、正常な状態へと戻します。
  • 皮膚腫瘍(皮膚のできもの)
  • 巻き爪(超弾性ワイヤーは保険適用外)
    湾曲して皮膚に食い込んだ足の爪や、痛みを伴う巻き爪を、超弾性ワイヤーなどで矯正します。
  • 外傷後の傷跡
  • やけど
  • ピアストラブル
  • リストカット跡

一般的にあまりなじみのない「形成外科」という医療分野ですが、もともとは身体の異常な変形を治すことで心身の健康の獲得と社会生活への参加をサポートするためのものでした。
現在、形成外科分野の技術は大幅な発展を遂げ、機能を損なわずにきれいに治すことができるようになりました。以前とは比較にならないほど多くの疾患が、形成外科の治療対象になっています。
保険適用になるのかどうかの判断は難しいものですので、もしかしたらと気になる方、長年お悩みになっている方は、ぜひ一度ご相談いただければと思います。

形成外科の治療は健康保険適用です

たにまちクリニックでは、ワキガの治療、陥没乳頭の治療を始め、保険適用対象の形成外科手術を数多く行って参りました。ご来院の際には、丁寧な説明を行った上で、形成外科専門医が手術にあたります。詳しくは、メールもしくはお電話(06-6776-8966)にてお気軽にお問合せください。
なお、ご来院時には必ず健康保険証をお持ちください。

鈴木院長よりひとこと

形成外科をひとことで言うと「外観や機能に影響する病態を、正常の形態と機能に治す外科」と表現できます。上記以外にも対象疾患へのさまざまな治療を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

  • tel.06-6776-8966
  • 24時間仮予約受付
  • メールでのご相談