粉瘤(アテローム)

粉瘤(アテローム)とは?

皮膚の下にできる良性の腫瘍です。皮膚が内側に入り込んで袋を形成し、そこに垢や皮脂が溜まり、大きくなります。背中、ソ径部、臀部(おしり)、首、顔面などに多いものの、体表のどこにでもできる可能性があります。

粉瘤(アテローム)の原因は?

はっきりとした原因は分かっていません。何の前触れもなく起こることがほとんどです。 抵抗力の弱まりや栄養状態の悪化、キズ、カミソリ負けなどをきっかけにして起こるものもあります。

炎症を起こす場合もあります

皮膚が内側に入り込む小さな穴から細菌が侵入すると、感染・炎症を起こすことがあります。赤く腫れたり、強い痛みを伴ったり、膿を出すこともあり、早急な治療が必要になります。

「にきびだろう」と放置、その判断が間違っている場合もあります

多いのが「にきびだろう」と放置してしまい、気づけば明らかににきびではない大きさにまで肥大してしまうケースです。他の疾患との鑑別のためにも、異変に気づいたときには、できるだけ早くご相談ください。

このような症状はございませんか?

  • 皮膚の下にしこりのようなものがある
  • しこりがだんだん大きくなってきた
  • 真ん中から皮脂の塊のようなものが出てきた
  • しこりが黒っぽくなった、青っぽくなった
  • 放置していたら赤くなってきた、痛み・腫れが出てきた

たにまちクリニックの粉瘤治療

当クリニックでは、局所麻酔下での粉瘤の日帰り手術を行っております。

当院の粉瘤手術は切開法で行います

当院の粉瘤手術は切開法で行います。粉瘤を方錘形に切開し、粉瘤の摘出後に縫合する方法です。

粉瘤手術の流れ

  1. 診察・診断

    しこりの状態を観察し、他の疾患(脂肪腫など)と鑑別した上で診断します。患者様にご同意がいただけましたら、手術へと進みます。

    腫れのひどい場合は、まず内服で炎症を抑え小さくなってから手術となります。もしくはまず膿のみを排出する場合もあります。

  2. 局所麻酔・手術

    患部に局所麻酔をかけた上で、方錐形に切開し、粉瘤の袋を摘出します。この際に袋を摘出しないと再発する可能性があります。

  3. 術後観察

    手術された場合、3日後に再度ご来院の上、患部の状態をチェックします。1週間後に抜糸となります。

粉瘤手術の費用

粉瘤の摘出手術には、健康保険が適用されます。 以下の一覧表の料金が目安となります。

治療メニュー 内容 価格
粉瘤(アテローム)
露出部(頭・顔・首・肘から先・膝から下) 12,000~21,000円程度
露出部以外 11,000~20,000円程度

※価格は3割負担の場合の目安です
※表記額は全て税込み

粉瘤手術後の注意事項

  • 出血のリスクがあるため、手術当日と翌日は、運動・運転を控えてください。
  • 出血や感染のリスクがあるため、3日後の経過までは濡らさないようにしていただきます。湯船に浸かる、プール、サウナは1週間控えてください。
  • 激しい運動は1週間控えてください。

粉瘤は再発する可能性も

摘出手術を行っても、残念ながら粉瘤は再発の可能性があります。 再発を繰り返してしまう場合には、切開を加えて粉瘤を含めて大きく切り取る切開法が必要になることもあります。
改善の方法としては、栄養状態の改善を行うことや、カミソリ負けをよく起こす場合は医療脱毛を行うことです。

  • tel.06-6776-8966
  • 24時間仮予約受付
  • LINEで相談・ご予約

専門サイト一覧SITE LIST

栄養療法専門サイトタトゥー除去・刺青除去専門サイトメンズ専門サイトリフトアップ専門サイト