コロイドヨード療法

コロイドヨード療法とは

コロイドヨードとは

コロイドヨードとはヨード(ヨウ素)を水素と結合させコロイド化する事により、ヨードが持つ毒性をなくし、細胞が利用できるようにしたものです。コロイドとはイオンや分子よりも大きい粒子が気体、液体、固体中に分散している状態のことで、色々な物質は身体内ではコロイド状態で細胞に供給されています。

コロイドヨードの適用と禁忌

コロイドヨードが体内へ入ると、新陳代謝を著しく活性化し、免疫力を高め病原菌やウイルスを排除し、自然治癒力を引き出します。廊下や炎症を起こした細胞、がん化した細胞をはじめ、活性酸素や有害物質を吸着し、体外へ出すとともに、正常細胞を活性化し、体の機能を効果的に高めます。

  • 末期を含む各種がん
  • 血管障害(脳、心臓など)
  • 自己免疫性疾患、アレルギー疾患
  • ウイルス性疾患(エイズを含む)、細菌感染
  • てんかんなど脳疾患
  • 糖尿病、肥満などの代謝低下
  • 健康保持、維持管理

禁忌:ヨードは甲状腺ホルモンの材料にもなりますのでコントロールされていない甲状腺機能亢進症(バゼドウ病)の方は服用できません。

コロイドヨードの優れた点

  1. がん細胞に選択的作用し、正常細胞を傷つけない(むしろ活性化)。
  2. 副作用、副反応が少ない(ただし治療による反応はあります)。
  3. 耐性や体内での蓄積性がない(大体2時間で尿から排泄されるため蓄積性がありません。そのため逆にがん治療では2時間毎1日7~8回の服用が必要になります)。
  4. 抗がん剤など既存の治療とも併用できる。

治療による反応

  • 発熱、体温上昇:0.5~1度上昇します。
  • 皮膚の発疹:排毒反応の1種と考えています。比較的多く見られます。
  • 病巣や転移リンパ節の痛み:がんが死滅してくると痛みが出ます。
  • 腫瘍が融解を起こせば一時的な主要マーカーの急上昇が見られる場合があります。

コロイドヨード療法

有機ヨ ードの開発は、大正 1 0 年 牧野民蔵博士によってなされました。昭和 5 6 年には、飯島昇博士(聖マリアンナ医科大学名誉教授)が、優れた薬効に注目し、難病患者に有機ヨ ードを投与することで多くの顕著な研究成果を残しました。(高血圧、 動脈硬化、 白血病、胃潰瘍、 十二指腸潰瘍、喘息、 肝機能障害、 脳障害、 ガン転移予防、 認知症等) 体内に入ったコロイドヨ ードは甲状腺に吸収され、タンパク質と結合し、血管内を移動し、貪欲に糖やタンパク質を吸収する悪性細胞に取り込まれ、 その悪性細胞内のミトコンドリアや核に対して破壊現象を起こすと考えられています。 この治療法は、標準的治療にとって代わるものではありませんが、これまでにも多くの患者様が生還しております。もし標準治療や他の代替療法等で効果が見られない方は、諦めずに是非一度ご相談にお越しください。

コロイドヨード療法の料金表

治療メニュー 内容 価格
ヨード
ヨード注射 60,000円
ヨード飲料(30cc) 20,000円
吸入用(30cc) 15,000円

※表記額は全て税抜き

  • tel.06-6776-8966
  • 24時間仮予約受付
  • メールでのご相談

専門サイト一覧SITE LIST

栄養療法専門サイトタトゥー除去・刺青除去専門サイトメンズ専門サイトリフトアップ専門サイト