リフトアップ(ウルトラVリフト)

切らずにたるみを改善。最新のリフトアップ「ウルトラVリフト」

切らずにたるみを改善。最新のリフトアップ「ウルトラVリフト」加齢、また日々の疲れから、身体の各部位には自然とたるみが生じます。新陳代謝が悪くなり余分な脂肪がつくと、その重みでますますたるみが進んでしまいます。
リフトアップは、そのようにして垂れてしまった皮膚を引き上げ、若々しい張りのある肌を取り戻す施術法です。
当院では、最新のリフトアップ術「ウルトラVリフト」を採用しております。手術の必要がなく、施術後すぐに買い物に行けるほど手軽に行えることから「ショッピングスレッド」とも呼ばれ、美容医療の盛んな韓国でも話題になりました。

リフトアップの方法は、大きく分けて3種類

リフトアップには、下の表のように、大きくわけて3種類の方法がございます。患者様のご希望に合わせて、最適なプランを提案いたします。

スレッドリフト フェイスリフト 光・レーザー・高周波
内容 針を刺し糸を埋め込む 手術 メス、針を使用しない
種類 ・ウルトラⅤリフト ・ハッピーリフト ・フェザーリフト ・シルエットリフト 手術 ・高周波治療(サーマクール)
・レーザー治療
費用 10万~30万円 63万~100万円 15万~30万円
効果 手術には劣るが効果は確実 あらゆるリフトアップ法の中で最大の効果 個人差があり、効果の出にくい場合も
治療回数 1回 1回 5~10回
治療時間・期間 30分~1時間 3~5時間 半年~1年
術後から回復まで ほとんどなし 1~2週間 ほとんどなし
腫れ、内出血 時々出る 必ず出る 出ない
傷跡 なし 残る なし

ウルトラVリフトをお勧めする理由

切らずに1度で高い効果

切らずに1度で高い効果リフトアップの中でも、もっとも効果が高いのは、メスを使って行うフェイスリフトです。
ただし実際問題として、フェイスリフトを行うためには、手術のために学校や会社を長期間休む必要が生じます。また、お顔にメスを入れることに不安を抱かれる方が多くいらっしゃることも事実です。

手術を伴うフェイスリフトの他に、光・高周波・レーザーを用いたものが挙げられます。比較的お手頃な料金とダウンタイム(術後から回復までの期間)の短さが人気を呼び、たくさんの方がエステ感覚で受けられています。ただし、一定の効果が現れるまでに数回の治療が必要である上、効果の現れ方の個人差が大きい術式と言えます。
手術を伴うフェイスリフト、光・高周波・レーザーを用いたリフトアップ――その両方の欠点を補えるのが、「ウルトラVリフト」です。
ウルトラⅤリフトでは、メスを使わず、糸を埋め込んでたるみを引きあげる方法を用いることで、切開を伴う手術よりお手軽な料金で、光・高周波・レーザーよりも高い効果が期待できる治療法です。
傷跡も残らずに、1回の治療で確実に効果が現れます。

  • 手術が必要なく、糸を埋め込むだけの規模の小さな治療です。
  • 1回の施術で効果が現れます。
  • 麻酔の際には、麻酔クリームを使用します。
  • 効果が長く持続します。
  • ダウンタイムがほとんどなく、学校や会社が休みの日に受けられます。
  • 極細の吸収糸を使用します。心臓外科で使用されるもので、体内に残しても異物反応も起こりません。約8ヶ月かけて溶けていきます。
  • 残した糸がツボを刺激し続け、引き上げ効果が持続します。

美容鍼灸の原理を応用

極細の吸収糸が装着された特殊な針をお顔の皮下に挿入した後、吸収糸だけを残して針を抜きます。
皮下組織に残った吸収糸はツボを押し、コラーゲンの生成、肌の再生を促進します。ハリのある肌と、引き上げ効果が長く続きます。

鈴木院長よりひとこと

高い安全性、即効性、そしてエステ感覚で受けられるのが「ウルトラVリフト」。自然な皮膚の引き上げが可能で、ハリも出てきます。コラーゲンの生成を促しますので、肌そのものの若返りも期待できます。

施術箇所の目安

施術箇所の目安

針の本数は肌の状態により異なります。

ウルトラVリフトの料金表

治療メニュー 施術名 価格
ウルトラVリフト
額、ほうれい線、マリオネットライン 120,000円
あご 28,100円~
86,400円
顔全体 162,000円

表記額は全て税込

※麻酔クリームの費用は別途かかります。

  • tel.06-6776-8966
  • 24時間仮予約受付
  • メールでのご相談