PRP療法

皮膚再生と若返り「PRP」

皮膚再生と若返り「PRP」ご自身の血小板を使用するからアレルギーの心配のない安全な若返り法「PRP療法」
PRPとは、Platelet Rich Plasmaの略であり、日本語では「多血小板血漿」と訳せます。

従来の手術、ヒアルロン酸などの注入治療では難しかった「目の周り、目の下のたるみ・しわ・くま」、また「ほうれい線」「唇・口の周り」に対して治療効果が出せるのが特徴です。

グロースファクター「濃縮自己血小板注入法」

PRPは、血中の血小板を凝縮した血漿(血液中の、血球以外の成分)のことで、傷の修復や骨形成を促進する作用を持ちます。この修復・再生作用を応用し、患者様ご自身の血小板を使用したアンチエイジング治療を行っていきます。

当院では、血小板の濃縮率と活性を向上させるグロースファクターを加えた最先端の医療技術「濃縮自己血小板注入法」を導入しております。従来のPRP注入法に比べると、鼻唇溝の深いシワなどにもより高い効果を発揮します。徐々に吸収されていくヒアルロン酸と異なり、長期的効果の面でも優れた治療法です。

こんな方にお勧めします。

  • 目の下のクマ、へこみを何とかしたい方

  • 目の下のたるみが気になる方

  • ほうれい線でお悩みの方

  • 頬をふっくら見せたい人 

フォトRFと組み合わせて、さらなる効果を

当院では、PRP療法とフォトRF(コラーゲンの生成を向上させる治療)を組み合わせた治療を行っております。相乗効果で、さらなるお肌の若返りが期待できます。

PRP療法症例

院長もPRP療法を試してみました。

院長もPRP療法を試してみました。

PRP療法症例

PRP療法の流れ

  1. 患者様の採血を行います。 PRP療法では、患者様ご自身の血液を使用します。必要に応じた量を、腕から採血します。
  2. 採血した血液を分離させ、血小板を含む血漿を取り出します。 血液を遠心分離させ、血小板を含む血漿だけを採取します。この血漿が、自然治癒効果を持っています。
  3. 血漿を注入します。 気になるシワやたるみの箇所に、先ほど取り出した血漿を注入します。注入後すぐに効果が現れ、約一か月後の状態が半永久的に持続します。また、注入箇所の肌質も、徐々に改善されます。
  4. 注入後、2週間後に経過を診せていただきフォトRFの施術を行います。PRP療法との相乗効果で、さらなるお肌の若返りが期待できます。

 

PRPでよくある質問

お化粧はいつからできますか?

注入後、約1時間でお化粧も可能です。ただし強くこすったりはしないでください。内出血やむくみが出る場合もありますが、その際はコンシーラーやファンデーションでカバーをしてみてください。次第に落ち着いていきます。

痛みはありますか?

施術の際は、表面に麻酔クリームを使用いたします。極小針の注射器を使用して注入していきます、注入している時間は約10分程度ですが、特に皮膚の薄い場所は痛みがあります。綺麗になるには痛みを伴うと、皆さまがんばっておられます。

目の下のたるみは切除するよりも、PRP注入が良いのでしょうか?

目の下のたるみは切除するよりも、たるみを目立たせているへこみやしわにPRPを注入し、内部からふっくらさせて若々しいハリをもたせる方法がおすすめだと考えます。

メスを使わない日常生活への影響の少ない治療なので、多くの患者様のご希望に応えられると思っております。

危険性は?

自分の血中の血小板を凝縮した血漿を使用する治療ですので、アレルギーや感染症の心配はありません。

鈴木院長よりひとこと

PRP皮膚再生療法は、私たちが本来持っている「自然治癒力」をフル活用した安心・安全な若返り法です。患者様ご自身の血液しか使用しませんので、アレルギーも起こりません。従来の異物注入療法に抵抗があった方は、ぜひ一度ご相談ください。

PRP療法の料金表

治療メニュー
内容
注入例
価格
Aコース
PRP 8cc+成長因子注入 (約144cc採血)

フォトフェイシャル2回


顔全体
300,000円
Bコース
PRP 6cc+成長因子注入 (約108cc採血)

フォトフェイシャル1回


下眼瞼と鼻唇溝
250,000円
Cコース

PRP 4cc+成長因子注入 (約72cc採血)

フォトフェイシャル1回

200,000円
Dコース
PRP 2cc+成長因子注入 (約36cc採血)

フォトフェイシャル1回


下眼瞼
150,000円
※表記額は全て税抜き

 

  • tel.06-6776-8966
  • 24時間仮予約受付
  • メールでのご相談